ページの先頭
ホーム > 認定試験 > VMware Certified Professional 6 – Data Center Virtualization


認定試験

VMware技術者認定試験
このページを印刷

VMware Certified Professional 6 – Data Center Virtualization (VCP6-DCV)

VMware Certified Professional (VCP) --- VMware 認定プロフェッショナル --- は、VMwareソリューションの導入・展開のための技術を有することを認定するもので、VMwareの世界共通の資格です。
前提条件 下記のいづれかのコースを受講済みであること
  • VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6]
  • VMware vSphere: Optimize & Scale [V6]
  • VMware vSphere: Bootcamp [V6]
  • VMware vSphere: Fast Track [V6]
推奨トレーニング
試験 下記の2試験に合格すること
  • vSphere 6 Foundations Exam
  • VMware Certified Professional 6 – Data Center Virtualization Exam
再認定 2014年3月10日より、VCPの有効期限が2年間となりました。

有効期限内に、VCPレベル以上の対応試験を再受験し合格すると、再認定されます。
⇒有効期限内であれば、試験の合格のみで再認定されます。

有効期限切れになってしまった場合は、再取得も新規取得と同じ扱いとなります。
⇒VCP認定前提コースの受講が必須となります。

VCP5認定済みの方は、有効期限内であれば試験の合格だけでVCP6へのアップグレードが可能です。
⇒更新者向けWhat's new研修は推奨研修になりました。


 

このページの上へ